避妊のことで言い争うカップル

避妊に対する考え方は男女で異なりますが、その責任はどちらにあるのでしょうか?コンドームを用意してくれない相手とは関係を持たないなど女性が身を守る唯一の方法です。望まない妊娠を避けるためにも男女それぞれが責任を持ち対応しなければなりません。

経口避妊薬は生理痛や頭痛など月経困難症にも効果的

経口避妊薬である低用量ピルは、きちんと服用すると高い避妊効果があることが知られていますが、それ以外にもさまざまな効果があります。
生理の際の腹痛、腰痛、吐き気、頭痛などの症状が強く、日常生活に支障があるような場合、月経困難症と診断されます。月経困難症は、子宮筋腫や子宮内膜症が原因の器質性月経困難症と、ホルモンによる機能性月経困難症の2種類あります。
機能性月経困難症では、子宮内膜で産生されるプロスタグランジンが過剰になるのが原因とされています。プロスタグランジンは、経血を排出させるために子宮を収縮させますが、分泌過多になると子宮が過剰に収縮して腹痛や腰痛を引き起こします。また、全身の平滑筋を収縮させる作用もあり、頭痛や吐き気、嘔吐が起こります。
低用量ピルを飲むと、身体は擬似的に妊娠している状態になり、女性ホルモンの分泌が抑制されます。黄体ホルモンの分泌が減ると、子宮内膜の増殖が抑えられると、プロスタグランジンの分泌も減って、前述のような症状は改善されます。
また、子宮内膜が薄くなるため、経血が減少するので、月経過多の症状も改善されます。
この他、ピルはPMS(月経前症候群)の治療でも使われます。PMSは、生理の前にイライラや腹痛などが現れる症状です。低用量ピルで体内のホルモン濃度を低下させることで、不快な症状を抑えます。個人差はありますが、身体的症状の多くを緩和することができます。
低用量ピルを使用する場合には、毎日1錠をなるべく同じ時間に飲みます。市販の薬との併用は問題ありませんが、医師が処方する薬とは相互作用があるケースがありますので、医療機関では低用量ピルを服用中であることを伝えて、医師の指導に従いましょう。